阿武隈急行(槻木〜福島)

改正鉄道敷設法別表第27号に計画されていた予定線のうち、昭和28年8月に第21号の2の予定線に追加され、第27号の福島〜丸森間と合わせて昭和39年に着工した。昭和43年4月1日に槻木〜丸森間が丸森線として開業したものの残り区間の開業は見送られた。国鉄再建法が施行されると、丸森線は昭和56年9月11日に第1次特定地方交通線として承認されたが、第3セクター化することとなり、丸森線を既開業区間共々引き継ぐ阿武隈急行株式会社が設立された。昭和61年7月1日に既開業線を先行して非電化のまま暫定開業し、昭和63年7月1日に全線開通した。

槻木 東船岡 横倉 角田
南角田 北丸森 丸森 あぶくま
富野 やながわ希望の森公園前 梁川 新田 二井田
大泉 保原 上保原 高子 向瀬上
瀬上 福島学院前 卸町 福島

訪問日平成16年10月