会津鉄道(西若松〜会津高原)

 西若松〜会津田島は軽便鉄道法により計画され、昭和2年に上三寄(現在の芦ノ牧温泉)、昭和7年に湯野上(現在の湯野上温泉)、昭和9年に会津田島までが会津線として全通した。会津田島〜会津高原は、改正鉄道敷設法予定線の一部であり、昭和22年に荒海(現在の会津荒海)、昭和28年に会津滝ノ原(現在の会津高原尾瀬口)までが開通した。それ以南は昭和61年に野岩鉄道として開業した。なお会津線は国鉄再建法の第2次特定地方交通線に指定され、昭和62年7月に会津鉄道に転換され、現在に至る。

西若松 南若松 門田 あまや 芦ノ牧温泉
大川ダム公園 芦ノ牧温泉南 湯野上温泉 塔のへつり 弥五島
会津下郷 ふるさと公園 養鱒公園 会津長野 田島高校前
会津田島 中荒井 会津荒海 会津山村道場 七ヶ岳登山口
会津高原

訪問日 平成17年5月

注記:訪問後の平成17年9月18日に西若松駅橋上駅完成、平成18年3月18日会津高原駅は会津高原尾瀬口駅に改称した。