三陸鉄道北リアス線

 改正鉄道敷設法別表第6号に規定する久慈ヨリ小本ヲ経テ宮古ニ至ル鉄道であり、宮古〜田老は昭和47年2月27日に宮古線として、普代〜久慈は昭和50年7月20日に久慈線として開業した。しかし、国鉄再建法により既開業区間は第1次特定地方交通線に指定され、昭和56年に廃止が承認されてしまう。しかし岩手県などが中心になって設立した第三セクター三陸鉄道が宮古線、久慈線、工事中断された区間を合わせて引き受けることとなり、工事が再開された。そして昭和59年4月1日に宮古線・久慈線の三陸鉄道への転換と同時に開業し、同社の北リアス線として全通した。

宮古 一の渡 佐羽根 田老 摂待
小本 島越 田野畑 普代 白井海岸
堀内 野田玉川 陸中野田 陸中宇部 久慈