JR肥薩線

JR肥薩線は八代〜人吉間が人吉線として明治41年6月1日に開業し、吉松〜隼人間が鹿児島線を延伸する形で明治36年6月1日に開業した。明治42年11月21日には全通し、門司〜人吉〜吉松〜隼人〜鹿児島間が鹿児島本線となった。その後、川内経由の川内本線が昭和2年10月17日に全通すると、八代〜人吉〜鹿児島間が肥薩線となり、昭和7年に現在の日豊本線が完成すると隼人〜鹿児島間が日豊本線に編入され、八代〜隼人間が肥薩線となり、現在に至る。

八代 坂本 葉木 鎌瀬 瀬戸石
海路 吉尾 白石 球泉洞 一勝地 那良口
西人吉 人吉 大畑 矢岳 真幸
吉松 栗野 大隅横川 植村 霧島温泉 嘉例川
中福良 表木山 日当山 隼人

平成19年8月訪問