JR奥羽本線(秋田〜青森間)

 この区間は奥羽北線として明治27年12月1日に青森駅〜弘前駅間が開通したことに始まる。明治32年6月碇ケ関駅 〜白沢駅間,同年11月15日白沢駅〜大舘駅間が延伸,明治33年10月鷹ノ巣駅まで,明治34年11月能代駅(現東能代駅),明治35年8月五城目駅(現八郎潟駅),同年10月秋田駅まで順次延伸され,現在に至っている。

秋田  土崎  上飯島  追分  大久保 
羽後飯塚  井川さくら  八郎潟  鯉川  鹿渡 
森岳  北金岡  東能代  鶴形  富根 
二ツ井  前山  鷹ノ巣  糠沢  早口 
下川沿  大館  白沢  陣場  津軽湯の沢 
碇ヶ関  長峰  大鰐温泉  石川  弘前 
撫牛子  川部  北常盤  浪岡  大釈迦 
鶴ケ坂  津軽新城  新青森  青森  

訪問日:平成27年8月