JR水郡線(水戸〜安積永盛)

明治30年11月16日太田鉄道が水戸〜久慈川間を開業させたのが始まりである。明治32年4月1日久慈川〜太田間が延伸した。明治34年10月21日に水戸鉄道に譲渡され、大正7年6月12日には上菅谷〜瓜連間、同年10月23日には常陸大宮まで開通した。大正11年12月10日には大郡線として常陸大宮〜山方宿、大正14年8月15日には上小川まで、昭和2年3月10日には常陸大子までを開通した。同年12月1日には国有化した。また笹川(安積永盛)〜谷田川間が昭和4年5月10日に開通し、水郡北線と称し、それにともない水戸−常陸大子間を水郡南線と名称変更した。水郡南線が昭和5年4月16日には東館まで、昭和6年10月10日には磐城塙まで延伸、水郡北線は昭和6年10月30日に谷田川〜川東までを延伸。昭和7年11月11日に水郡南線が磐城塙〜磐城棚倉間延伸、昭和9年12月4日には川東〜磐城棚倉間が開通し全線開通となり、水郡線と名称変更し、現在に至る。なお画像にあるキハ110系は平成19年9月を持って水郡線から撤退し、現在はキハE130系が走っている。

水戸 常陸青柳 常陸津田 後台 下菅谷
中菅谷 上菅谷 常陸鴻巣 瓜連
常陸大宮 玉川村 野上原 山方宿 中舟生
下小川 西金 上小川 袋田 常陸大子
下野宮 矢祭山 東館 南石井 磐城石井
磐城塙 近津 中豊 磐城棚倉 磐城浅川
里白石 磐城石川 野木沢 川辺沖 泉郷
川東 小塩江 谷田川 磐城守山 安積永盛

訪問日 平成16年10月

平成19年12月、平成20年1月

平成21年11月、平成21年12月

平成22年1月