JR只見線(会津若松〜小出)

会津若松〜会津柳津間は、軽便鉄道法により計画されたもので、会津線として大正15年10月15日に会津若松〜会津坂下が開通し、昭和3年11月20日に会津柳津まで延伸した。会津柳津〜小出間は、改正鉄道敷設法別表により計画され、会津方は昭和16年10月28日に会津宮下まで延伸、小出方は昭和17年11月1日に大白川までが只見線として開業した。その後、会津方は昭和31年9月20日に会津宮下〜会津川口間が延伸開業。その先は田子倉ダム建設のため、会津川口〜只見までは、電源開発株式会社の専用鉄道として建設された。田子倉ダム完成後、昭和38年8月20日会津川口〜只見間が開業した。昭和46年8月29日只見〜大白川間が開業し、全通した。その際会津線の会津若松〜只見間を分離し、只見線と統合した。会津川口〜只見間は平成23年7月の新潟・福島豪雨の影響で長期運休中となっており(バス代行),この区間の存廃についてJR東日本では平成26年秋以降に最終的な決断をするとしている。
(田子倉駅平成25年3月16日廃止。
柿ノ木駅平成27年3月14日廃止。)

会津若松 七日町 西若松 会津本郷 会津高田
根岸 新鶴 若宮 会津坂下 塔寺
会津坂本 会津柳津 郷戸 滝谷 会津桧原
会津西方 会津宮下 早戸 会津水沼 会津中川
会津川口 本名 会津越川 会津横田 会津大塩
会津塩沢 会津蒲生 只見 田子倉(臨) 大白川
柿ノ木(臨) 入広瀬 上条 越後須原 魚沼田中
越後広瀬 藪神 小出

訪問日 平成16年10月,平成19年1月,平成19年5月,平成19年11月,平成26年5月,平成26年10月ほか