JR山田線(盛岡〜釜石)

盛岡〜陸中山田間は鉄道敷設法に規定された区間である。測量調査が行われたものの区界峠を越えるため予定線の検討は行われたが具体化しないままであった。原敬が首相となった大正9年に建設が決定され、大正12年10月10日に盛岡〜上米内間が開業。順次、昭和3年9月25日には区界まで、昭和5年10月31日松草まで、昭和6年10月31日平津戸まで、昭和8年11月30日陸中川井まで、昭和9年1月9日宮古まで、昭和10年11月17日陸中山田まで延伸開業した。陸中山田以南は、改正鉄道敷設法別表に規定する「岩手県山田ヨリ釜石ヲ経テ大船渡ニ至ル鉄道」の一部である。陸中山田から昭和11年11月10日岩手船越まで、昭和13年4月5日大槌まで、昭和14年9月17日釜石まで開業したが、釜石以南については戦後の建設、開業となり、現在は三陸鉄道南リアス線となっている。

盛岡 上盛岡 山岸 上米内 大志田
浅岸 区界 松草 平津戸 川内
箱石 陸中川井 腹帯 茂市 蟇目
花原市 千徳 宮古 磯鶏 津軽石
豊間根 陸中山田 織笠 岩手船越 浪板海岸
吉里吉里 大槌 鵜住居 両石 釜石

訪問日:平成18年11月

宮古〜釜石間平成23年3月11日東日本大震災による津波で被災,不通区間
平成27年2月JR東日本が復旧の上,三陸鉄道に移管することで合意,
平成30年度内の開通を目指し工事が開始された。